楽しい食器の選び方

洋食器

洋食器を購入する際のポイント、お手入れ方法、おすすめのブランド洋食器の紹介、格安アウトレットセール情報まで、洋食器をもっと楽しむための情報サイト

HOME

洋食器の選び方
ディナー皿の選び方
ミート皿の選び方
パスタ皿の選び方
デザート皿の選び方
パン皿の選び方
スープ皿の選び方
サラダボウルの選び方
ラージボウルの選び方
プラターの選び方
マグカップの選び方
カップ&ソーサーの選び方
コーヒーポットの選び方
ティーポットの選び方
シュガー&クリーマーの選び方
タンブラーの選び方
ワイングラスの選び方
シャンパングラスの選び方
ロックグラスの選び方
ビールグラスの選び方
カトラリーの選び方
食器棚の選び方
ギフト・贈答品の選び方
洋食器ブランド歴史と特徴
ウェッジウッド
マイセン
ヘレンド
ロイヤルコペンハーゲン
リチャード・ジノリ
洋食器のお手入れ
陶磁器のお手入れ
ガラス器のお手入れ
カトラリーのお手入れ
おすすめの洋食器
イッタラ タイカ
洋食器豆知識
ボーンチャイナとは?
その他
リンク





ウェッジウッドの歴史と特徴


ウェッジウッドの洋食器の歴史は古く、さかのぼること約250年。1759年イギリスの陶磁器産業のメッカといわれるストーク・オン・トレントのバーズレムの地にジョサイア・ウェッジウッドとトーマス・ベントレーによって創業されたことに始まります。1765年には優しいアイボリーの肌合いの洋食器クリーム・ウェアを開発。そのアイボリーの色彩はシャーロット王妃の称賛を呼び「クィーンズ・ウェア」と呼ばれるようになりました。

ウェッジウッド クイーンズウェア

1774年には今でもウェッジウッドの看板商品ともいえる洋食器素材ジャスバーウェアを開発しました。ジャスパーウェアは上絵で色彩をつけるのではなく、素地そのものに色素を含有することで、発色させる方法。無釉の素地はやさしいアースカラーの色彩で、素焼き状の触感からは、土ものの柔らかなぬくもりを感じさせる独特の洋食器に仕上がっています。

ウェッジウッド ジャスぱーウェア

1795年にはジョサイア2世により、画期的な洋食器素材ファイン・ボーンチャイナの製品化に成功します。きめの細かい、白くなめらかな生地はウェッジウッドの中核をなす素材となり、その名を不動のものにしました。

ウェッジウッド ボーンチャイナ

現在でもファインボーンチャイナを初め、ジャスパーウェア、クリームウェアを素材とした洋食器は世界中に多くの愛用者を持ち、販売を続けています。ウェッジウッドのファインボーンチャイナ、ジャスパーウェア、クリームウェアの3種の洋食器は、それぞれ全く異なる風合いを持ち、実際に使い比べてみるのもウェッジウッドの洋食器の魅力を感じる楽しみ方といえるでしょう。

ウェッジウッド





Copyright (C) 2015 楽しい洋食器の選び方 All Rights Reserved