楽しい食器の選び方

洋食器

洋食器を購入する際のポイント、お手入れ方法、おすすめのブランド洋食器の紹介、格安アウトレットセール情報まで、洋食器をもっと楽しむための情報サイト

HOME

洋食器の選び方
ディナー皿の選び方
ミート皿の選び方
パスタ皿の選び方
デザート皿の選び方
パン皿の選び方
スープ皿の選び方
サラダボウルの選び方
ラージボウルの選び方
プラターの選び方
マグカップの選び方
カップ&ソーサーの選び方
コーヒーポットの選び方
ティーポットの選び方
シュガー&クリーマーの選び方
タンブラーの選び方
ワイングラスの選び方
シャンパングラスの選び方
ロックグラスの選び方
ビールグラスの選び方
カトラリーの選び方
食器棚の選び方
ギフト・贈答品の選び方
洋食器ブランド歴史と特徴
ウェッジウッド
マイセン
ヘレンド
ロイヤルコペンハーゲン
リチャード・ジノリ
洋食器のお手入れ
陶磁器のお手入れ
ガラス器のお手入れ
カトラリーのお手入れ
おすすめの洋食器
イッタラ タイカ
洋食器豆知識
ボーンチャイナとは?
その他
リンク





パン皿の選び方


パン皿は直径15cm〜17cmくらいの小皿のことを言います。
ディナーセットを揃えるにあたって、このパン皿は一番小さな小皿と考えます。

名前のとおり食パン一枚がちょうどのるくらいの大きさ。パン皿を選ぶときは、デザート皿とのバランスを考えて購入するようにしましょう。デザート皿が21cm位なら、パン皿は17cmに、デザート皿が18cmならパン皿は15cmという具合です。

実際のところ、パン皿として使用するなら、20cm前後のデザート皿のほうがサイズ的には使いやすいような気がします。では、このパン皿のベストサイズとは何か?

そう、ショートケーキをひとつ載せるのにベストなサイズなんです。
ショートケーキひとつをデザート皿ではやや大きすぎます。

お友達が遊びに来たときに、紅茶とショートケーキでもてなすときには、このパン皿は欠かせません。
明るく華やかなデザインの小皿でティータイムを盛り上げてください。

その他のパン皿の用途としては、取分け皿。
取分け皿にパン皿は必携アイテムです。

大皿1枚と小皿5枚という組み合わせの「パーティーセット」という名称で販売されているものも多くありますが、取り分けの際の大皿と小皿のデザインは、特に統一する必要もありません。パン皿5枚セットのような商品を探すほうが、選ぶ際のバリエーションが広がります。




パン皿一例

ボーンチャイナの白とパワーセラの強度

はじめの数枚は、とりあえず白の洋食器から揃えてみてはいかがでしょうか?
白の洋食器を基本にして、徐々にアイテムを増やすごとに彩を加えていくと失敗が少ないでしょう。
もちろん、料理が一番映えるのは白い食器、すべて白の洋食器で統一することもひとつの方法ですが、それではやや個性に欠けます。実際に食卓に並べてみて、テーブルの色調やクロス、お部屋の雰囲気などと相談しつつ買い増ししていくというのがおすすめです。

はじめから世界の一流ブランドで揃えていくのもいいですけど、手始めの数枚を、まずリーズナブルなものからはじめてみるのというのも、賢い方法です。

ブライトーンホワイト16cmパン皿は白一色のシンプルなパン皿。
リムには緩やかなウェーブが施され、さりげなくおしゃれなデザインになっています。このブライトーンは高級磁器で知られるボーンチャイナ磁器と同じ釉薬がかけられ、滑らかな触感と美しい光沢があるお皿です。厳選された陶土を使用することで実現する上品な白。さらに強度も兼ね備え、リーズナブルでありながら高品質。毎日の使用においても、 神経を使うことなくおおらかな気持ちでお使いいただけるパン皿です。

白の洋食器は、素材や釉薬の違いによって、その色合いも微妙に変化します。無地の白い食器を購入するときは、色調を統一させるため、ディナー皿やミート皿なども一緒にまとめて購入しておくのもよい方法です。






Copyright (C) 2015 楽しい洋食器の選び方 All Rights Reserved