楽しい食器の選び方

洋食器

洋食器を購入する際のポイント、お手入れ方法、おすすめのブランド洋食器の紹介、格安アウトレットセール情報まで、洋食器をもっと楽しむための情報サイト

HOME

洋食器の選び方
ディナー皿の選び方
ミート皿の選び方
パスタ皿の選び方
デザート皿の選び方
パン皿の選び方
スープ皿の選び方
サラダボウルの選び方
ラージボウルの選び方
プラターの選び方
マグカップの選び方
カップ&ソーサーの選び方
コーヒーポットの選び方
ティーポットの選び方
シュガー&クリーマーの選び方
タンブラーの選び方
ワイングラスの選び方
シャンパングラスの選び方
ロックグラスの選び方
ビールグラスの選び方
カトラリーの選び方
食器棚の選び方
ギフト・贈答品の選び方
洋食器ブランド歴史と特徴
ウェッジウッド
マイセン
ヘレンド
ロイヤルコペンハーゲン
リチャード・ジノリ
洋食器のお手入れ
陶磁器のお手入れ
ガラス器のお手入れ
カトラリーのお手入れ
おすすめの洋食器
イッタラ タイカ
洋食器豆知識
ボーンチャイナとは?
その他
リンク





カップ&ソーサーの選び方


カップ&ソーサーは最も人気のある洋食器アイテム。
世界中の一流ブランドのカップ&ソーサーをいくつもコレクションしている方も少なくないでしょう。
カップボードに素敵なデザインのカップ&ソーサーが鎮座しているのを見ると、それだけで嬉しくなります。

カップ&ソーサーにはティーカップ&ソーサーとコーヒーカップ&ソーサー、どちらにも使うことができる兼用タイプがあります。さらに小ぶりなデミタスコーヒーカップ&ソーサーがありますが、デミタスコーヒーカップと通常のコーヒーカップの区別の無いメーカーもあります。コーヒーカップとは小さいものなのだという考え方ですね。

通販でコーヒーカップ&ソーサーを購入する際は、サイズを必ずチェックするようにしましょう。デミタスコーヒーカップは口径、高さともに5〜6cmととても小ぶりで、一般的な日本的コーヒーカップとしては使えませんので注意してください。

ティーカップはコーヒーカップに比べて、口が広く背が低め。
紅茶好きな方は、このような広くて浅いものを選んで、ゆったりとティータイムを楽しみましょう。

カップ&ソーサーを選ぶ際は、特にこだわりが無ければ、ティーコーヒー兼用タイプがおすすめです。
ウェッジウッドで言えば、リーシェイプがこの兼用タイプに当たります。
すっきりしたシンプルなフォルムは違和感無く使うことができるでしょう。

生地の厚みもチェックしたいところです。
通販では、写真の見た目で判断するしかありませんが、
陶器の物は磁器に比べると厚みのあるものが多いです。

アラビア社のカップ&ソーサーはぽってりとした厚みのあるものが多く発売されています。
またリチャードジノリのボンジョルノシリーズも厚みのある生地が特徴です。

もうひとつ選ぶ際のチェックポイントを挙げておきましょう。
ハンドルの形状にも注意を向けたいところです。

ヨーロッパのカップに特に多く見られるのですが、
ハンドルをつまむようにして持ち上げるタイプのカップは、ハンドルが狭くて指が通りません。

些細なことですが、今までハンドルに指を通してカップを持っていた方には、
この「つまむ」という使い方に意外と違和感を感じるものです。
気にならない方にとっては、逆にむしろ優美なハンドルの意匠が魅力に移ることでしょう。




カップ&ソーサー一例

北欧生まれのおおらかなデザインになんだかほっとするのです


最近めきめき注目度がアップしているフィンランドの名窯アラビア社は、北欧最大の洋食器メーカーです。

アラビアのデザインは単純な絵模様のものから、ユニークなイラストのものまでいろいろありますが、どれもとてもメルヘンな香りが漂うのです。

アピラティーカップ&ソーサー はアラビアの特徴とも言える、ぽってりとした厚みのあるカップ&ソーサー。明るいグリーンで幸運の4つ葉のクローバーがいっぱいにデザインされています。

毎日使っていると、きっと何かいいことがありそうなイラストは、やっぱりどこかメルヘンな魅力があります。

 







Copyright (C) 2015 楽しい洋食器の選び方 All Rights Reserved