楽しい食器の選び方

洋食器

洋食器を購入する際のポイント、お手入れ方法、おすすめのブランド洋食器の紹介、格安アウトレットセール情報まで、洋食器をもっと楽しむための情報サイト

HOME

洋食器の選び方
ディナー皿の選び方
ミート皿の選び方
パスタ皿の選び方
デザート皿の選び方
パン皿の選び方
スープ皿の選び方
サラダボウルの選び方
ラージボウルの選び方
プラターの選び方
マグカップの選び方
カップ&ソーサーの選び方
コーヒーポットの選び方
ティーポットの選び方
シュガー&クリーマーの選び方
タンブラーの選び方
ワイングラスの選び方
シャンパングラスの選び方
ロックグラスの選び方
ビールグラスの選び方
カトラリーの選び方
食器棚の選び方
ギフト・贈答品の選び方
洋食器ブランド歴史と特徴
ウェッジウッド
マイセン
ヘレンド
ロイヤルコペンハーゲン
リチャード・ジノリ
洋食器のお手入れ
陶磁器のお手入れ
ガラス器のお手入れ
カトラリーのお手入れ
おすすめの洋食器
イッタラ タイカ
洋食器豆知識
ボーンチャイナとは?
その他
リンク





ギフト・贈答品の選び方


ギフトやプレゼントに洋食器を選ばれる方は多いと思います。
洋食器は誰しもが使うものなので、もらった相手もきっと喜ばれるでしょう。
そんな洋食器を贈り物にする場合の選び方をいくつか挙げてみます。

まず重要なのは使用頻度の高いものを選びましょう。

これは最も重要なことで、自分用なら絶対買わないようなものでも贈り物には選んでしまうことがあります。
例えば、小さなフリーカップのセットというのは、贈り物に良く選ばれるアイテムですが、これはあまり使い道がありません。どんなものでもそうですが、「自分が欲しい」という目線が大切です。

次にパッケージにだまされない本体重視で選びましょう。

洋食器が可愛らしいカゴや、不釣合いな木箱に収納されているものは、要注意です。
箱代、籠代にお金をかけるよりも、洋食器本体にお金をかけるべきです。
このようなパッケージのものは、往々にして洋食器自体は、あまり使えないものが多いのです。

セットものよりも一点重視で。

プレゼント的にパッケージされた「食器寄せ集めセット」なども要注意です。
「ほろ酔いセット」などのようなあいまいな食器セットはやはり無駄なものが多いのが現実。
贈る相手がお酒の好きな人ならば、ロックグラスをひとつ贈る。
そのほうが相手もきっと喜ばれると思います。

有名ブランドの洋食器を選びましょう。

最後は決め手です。日本ならノリタケやナルミ、海外ならウェッジウッドやマイセンといった有名洋食器ブランドから選べば間違いありません。予算的にも先ほどの「なんとかセット」を買うくらいの予算で買うことのできる有名ブランドもたくさんあります。マグカップ1客のみだって良いでしょう。一流ブランドのマグカップは毎日使って、良さがしみじみ伝わるはずです。

贈り物に洋食器を選ぶときは、
くれぐれも自己満足にならないように気をつけてくださいね。





ギフト・贈答品用の洋食器一例

スージークーパーデザインのマグカップは一味違う

グレンミスト マグカップ

大切な方への贈り物は値段ではありません。本当に自分が素敵だと思うものを贈る気持ちが大切だと思います。そして贈る相手が実際に使ってくれるものを選びたいものです。

マグカップは、洋食器の中でも最も普段使いしやすいアイテムではないかと思います。何を送ったらよいか迷ったら、マグカップに決めてみるのも良いのではないでしょうか?

(マグカップでは、見劣りする・・・)そんな考えを持っていませんか?私はそう思いません。本当に使いやすい素敵なデザインのマグカップはいくつあってもうれしいものです。毎日だって使うものなのですから。

ウェッジウッドの数あるマグカップの中で、このグレンミストは一種独特の雰囲気をもっています。もともとのデザインは、アンティーク食器で世界中のファンを魅了する女流デザイナースージー・クーパーによるもの。霧の谷間にひっそりと肩を寄せ合って咲くけしの花をモチーフにしています。霧覆われた中で出会った小さな命。その色調は淡いブルーグレーに抑えられ、繊細なタッチで可憐な花が表現されています。ウェッジウッドの作品群の中でひときわ印象深い理由は、やはりスージークーパーの感性ののすばらしさが伝わるからでしょう。

こんな素敵なマグカップ、自分が贈られたら嬉しくありませんか?このマグカップを自分のために選んでくれた、その気持ちがなんだか嬉しい。マグカップを通して相手の思いが伝わってくる・・・そんな贈り物を選びたいですね。






Copyright (C) 2015 楽しい洋食器の選び方 All Rights Reserved